スポンサーサイト

2016.10.13 Thursday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    【またまた長文注意】リールメンテナンス -ダイワ製リールについて-

    2016.05.16 Monday

    0


      お陰様で反響を頂いているリールのオーバーホール。ここで改めてご案内です。
      リールはどこのメーカーの品を使って頂いてももちろんお客様の判断なのでそこは自由。
      ですがお店として物を扱う立場から言わせてもらうと、やはり現行ダイワの製品は品質的に納得いかない部分が目立ちます。
      パーツ同士の相性や耐久性、個体差が大きすぎて正直オススメ出来ない状態。もちろん新品や同様の状態なら問題ないでしょう。恐らく。

      同じ頻度使った物を比較すると、価格帯が下でもシマノのリールとは明らかに差が出ます。ギアの摩耗だったりパーツ同士の干渉だったり。
      一昔前のジリオンJドリーム。あの辺りは自分も使っていてしっかりした印象だったんですけどね。最近Tウィングになったジリオンを買ってガッカリ。。

      不調になったリールもオーバーホールである程度は良くなりますが、壊れた部分が直るわけではありません。
      特にダイワはギア周りから駆動部分のパーツが単体での取り寄せ不可。何よそれって感じです。ほんとに。
      最初にも申し上げましたが、我々のような趣味で釣りしてる人間は道具も好きなモノを使えばいいと思います。
      ただ道具売りとして自信を持って「これいいリールですよ!」ってオススメ出来ないのも事実。
      難しいとこですけどね。それを知ってか知らずか毎年「凄いですよ!」って発表して勧めてくるプロと言われてる人達も何だかな〜って感じ。
      ん。また長くなってしまいました。。



      さて。今日お預かりしたのはモアザン。
      ハンドルを回した時の違和感がメーカーのオーバーホールに出しても改善されないとお持ち頂きました。
      中身を確認してみるとマグシールドベアリングの錆や古くなって乳化したグリス。


      一度洗浄して再度組み上げ。ベイトリールでPEラインを使用すると駆動部分に掛かる不可が半端ではないので、かなりシッカリめのグリスとオイルを使用させて頂きました。

      巻き感は改善されましたが、ダイワ特有のギアの摩耗となぜか干渉していたクラッチの劣化。


      ギアを取り寄せて交換。も出来ず。メーカーに出して往復送料を負担した挙句「異常なし」で返ってくるリスク。
      ベイト、スピニング問わずダイワリールはオーバーホールしても殆どの場合劣化したパーツの交換が必要で、それが出来ない以上文句なしの状態にはなりません。
      もちろん出来る限り手は尽くしますので、ダイワ社リールでお考えの場合はご相談下さい。店頭で現物を見ながら丁寧に対応させて頂きます。いきなり全否定で門前払い!なんて事はないのでご安心をw

      一生思い出に残るようないい釣りが、選んで良かれと買った道具に裏切られてダメにしちゃうのは悲しみ以外何モノでもないですから。自分は何度もその失敗をしてます。。orz

      ストレス無く楽しい釣りが出来るのが一番なので。モノ選びも釣りのうち。
      メディアやメーカーの謳い文句に踊らされず、一歩引いて選んでみるのも大切ですね。

      リールメンテナンス -Newジリオン-

      2016.05.15 Sunday

      0


        今回のリールは最近出たばかりのNewジリオン。
        数回使用して車で言うところの初回オイル交換。良い感じに馴染んだところで、一度オーバーホールしていい状態を維持したいとのオーダー。

        ダイワ特有のTウィングの機構。クラッチを切ると同時にクラッチカムと連動してレベルワインダーが回る構造。


        動かす部分と経由する部分が多いのでクラッチは比較的軽めにセット。
        もちろんパーツは全て分解し、クリーニング。ギアも流石にピカピカの状態。


        新品のリールを購入したら数回使用後、一度オーバーホールするといい状態が長持ちします。
        人も魚も道具も真夏のタフなコンディションが来る前に、一度やっておくのもオススメ!

        【長文注意】リールメンテナンス -ちょっと細かいところも見せちゃいます編-

        2016.05.13 Friday

        0

          お預かりしていたベイトリール2点。交換用のパーツが届いたので早速作業。
          今回は写真も多め。作業内容を少しお見せします。

          はじめはアルデバランBFS。ハンドルとは反対側のカセットを紛失してしまい、パーツ取り寄せとオーバーホールのご依頼。




          お預かりしたリールは一度すべて分解。もちろん開けづらいEリングの箇所やレベルワインダー部分。クラッチの機構まですべて取り外し、ソーククリーナーで完全に脱脂。必要であれば泥や異物もクリーニングします。
          その後は必要箇所に応じて選んだBOREDのオイルとグリスで組み上げ。


          この際お預かりした段階でお好みがあれば、応じてフィーリングを調整出来ます。
          巻き感を軽くしたいとか、耐久性をもたせたいとか。
          普段使うフィールドやエリアに合わせたりなんかも出来ますね。



          丁寧に組み上げて完成!と言いつつ最後にハンドルノブ内も。
          ここはベアリングだったりナイロンのカラーだったりしますが、どちらの場合でも比較的粘度の高いグリスを使います。回転性能より圧倒的に耐久性能重視な場所なので。



          今回はBOREDオイルの247。ベイトフィネスリールなので耐久性と抵抗の軽さ。バランスを考えたセレクトです。


          お次は結構重症のメタニウム。
          お話を伺うとどうやら泥濁りした水に落としてしまい、そのまま使っていたようです。





          ドライブギア、ピニオンギアは欠け。ストッパーギアはドラグワッシャーとの間に泥が挟まり圧着。固着してしまっている状態。
          結局ドライブギアとピニオンギア。ストッパーギアは新品に交換。
          ベアリングは3つ交換しました。



          油と混ざってこびりついた泥をキレイにし、気持ちシッカリめのオイルで調整。
          マイクロモジュールギアはピニオンギアと一度に接するギア数が多いのでしっとりとした巻き心地ですが、その分どちらかが痛むとノイズも明確になります。


          いいモノにはそれ相応のメンテナンスが必要って事ですね。リールだけじゃなくて車や自転車、洋服やバッグなんかも同じように。
          GWを挟んでパーツの到着に少々お時間を頂きましたが、届き次第すぐに取り掛かれたので良かったです。



          最近うちのように個人のお店でオーバーホールをサービスとして謳っている店舗が増えてきました。
          値段も様々で、正直どこに出すかはお客様次第なのでそこはお任せします。ですが。
          やってる側からすると安かろう良かろうなんてのは現実的に不可能。例えばパーツクリーナーであったり使うオイルや工具。ましてや営業中にスタッフが作業するので、もちろん工賃が発生するわけです。

          10minutesではベイトリールを3500円(税抜き)。スピニングは淡水使用5000円(税抜き)海水使用6000円(税抜き)でやっています。
          組み上げる際に使用するオイル・グリスは店頭に置いてる物と同じBOREDを100%使用。
          これを高いと思うか安いと思うか。先にも申し上げましたがお客様の自由です。それこそメーカーに出してもいいですね。

          正直、工賃で判断するぐらいのリールなら買い換えてしまった方がいいし、愛着や思い出の詰まったリールならきちんと判断して預けて頂いた方が懸命かと思います。

          ご自身で出来ない作業だからこそサービスとして技術を買ってるわけですから。これがリールだから「出したけど調子が悪い」で済んでますが、車や家電みたいな最悪命に関わる物ならどうでしょう?
          さすがにそこまでの規模だとメーカーがきちんとしていれば会社の信用問題なんで、粗末なサービスではないでしょう。
          ただ、リールに関してはたかだか釣具屋。胡散臭い謳い文句や格安サービスを振りかざして、妥協点の低い作業する事なんて造作も無いです。

          オーバーホールやメンテナンスは治療ではなく、いわば人間ドックとデトックス。新品以上の状態になる事はありません。
          ですがサービスを信頼して買って下さる以上出来る限りの事はしますし、気持よく釣りをして欲しいとも考えます。

          なんか薄っすら怪しいけど安いからいいや。って可愛いリールを預けて、戻ってきたらグチャグチャに強姦されちゃいました。みたいな状態でうちに運び込まれる事が最近数件あるので。

          細かなサービス含め楽しくストレス無く釣りが出来るのが一番なんですけどね。
          長くなりましたが、サービス一つ取っても気を付けなきゃいけない時代なんですね。ってお話でした。
          皆さんもメーカー以外のオーバーホールを検討するならよーーーーーく考えてお店選びしてみて下さい。


          セルテート3000 オーバーホール

          2016.05.10 Tuesday

          0
            今回は初期型セルテート。
            残念ながらパーツ供給は終わってしまったモデルです。
            どうしてもとのことなので、やるだけやってみることに...
            依頼された方とお話しをしていたら。
            どうも以前に、他のところにオーバーホールを出したみたい。
            でも、ご納得していない様子。
            まぁーとりあえず開けてみます。



            そしてここでつまずく...
            お客様と相談した結果。
            ここまできたら意地でも開けてやるw



            ネジと格闘すること1時間ぐらいかな?
            オープン♪



            汚い...

            オイリーはオイリーでしたが。
            んぅー?
            この作業内容はどうなんでしょう?





            オーバーホール後はそんなに使ってないとのことでした。
            さすがにこんなに汚れないよね?
            純正の白いグリスではないので一度は綺麗にしてくれてて。
            次は上から継ぎ足し系かな?
            こんな作業をするところもあるんですね!
            こわっ!
            さすがに、ご依頼したオーバーホール屋さんは言えないとのことでした。
            なんとなく想像がつきますけど...
            これ系のご相談2回目なんで!



            ラインローラーもゴミが詰まってる。
            ドラグの方はご自分でやられているのか綺麗でした。
            後はネジ待ちですね。
            申し訳ないですが、おそらく最高の状態には戻らないです。
            ベアリングも2個死んでました。

            オイル、グリスを新しくすれば復活はまずないです!
            パーツは新品が最高だと思います。
            自分がおこなってる作業は、そのパーツ達の摩耗を減らすことです。
            悪い状態から、いい状態にはならないと思っています。
            オイルやグリスで、いい状態をキープするのは可能だと思います。
            手遅れになる前にお気軽にご相談してください。

            それにしても酷い作業です!
            このクオリティーだったらメーカーに出した方がましですね!
             

            ガイド交換

            2016.05.03 Tuesday

            0
              赤のフレイム。
              懐かしいですね。



              今回はリング割れ。



              ガッツリ割れちゃってます。



              Yガイドはもう生産してないのでKガイドへ。
              Yのチタンは在庫あったんですが高すぎです!



              あと、このスレッドカラーだけは同色が見つからずで…
              すいません。



              スレッドはなるべく近いカラーでやっているのですが。
              修理で難しいのはここですね。
              スレッドカラー。
              黒が一番気を使わなくていいですw

              リールメンテナンス -New スコーピオン-

              2016.04.30 Saturday

              0


                今年の春発売したばかりのNewスコーピオン。使う前に一度バラバラにしてオーバーホール。
                隅々までクリーナーで脱脂したあと好みのオイルで組み上げ。


                流石にギアもピカピカ。ドラグワッシャーのすり減りも無くて気持ち良い状態ですね。

                各ギアのグリス。塗り過ぎても巻きが重くなってしまうので、個人的には表面に馴染ませる程度。
                回転させて軽く糸を引くぐらいが丁度いい感じ。


                買ってから使う前にやっておくと、次回オーバーホールのタイミングがわかりやすいのでオススメです。

                ティップ折れロッド修理

                2016.04.29 Friday

                0
                  今回もティップ折れのロッドです。



                  フェンウィックゴールデンウイング。



                  邪魔なガイドを外して。



                  小径ガイドのロッドなので。
                  FCST-4.5を装着。
                  チタンやステンなどいろいろ種類があるのでご相談して。
                  赤のスレッドにゴールドのピンライン。



                  コーティングして終わりです。
                  同じ感じにはなりませんが、使えるは使えます。
                  今回の修理費用はガイド代込みで¥2000です。
                  簡単なリペアはご相談ください。
                  今日はリング割れのロッドお預かりです。
                  これが終わったら作業にかかります。

                   

                  リールメンテナンス -レベルワインダー連動リール-

                  2016.04.26 Tuesday

                  0


                    今日はお客様にお預かりした2台。
                    昔のアンバサダーなんかにあるキャスト時にレベルワインダーが連動して動くタイプ。
                    これはあまり粘度の高いオイルやグリスを使ってしまうと抵抗になり飛距離が出なくなってしまいます。
                    かと言ってサラサラ過ぎてもオイルが飛んでしまったりサビなどの原因にも。
                    こんな所で威力を発揮するとは思ってもみなかった「GOLYAT」と「KRAKEN」。
                    両方粘度はかなり低め。ベアリング用に出番が多いですが、このタイプのリールにはかなり相性が良い感じ。
                    レベルワインダーや連動部分のギアに薄く馴染ませるだけ。低粘度でも留まるBOREDの特性を活かしたセッティングになってます。
                    こんな感じでアレンジを利かせた応用のオーバーホールも承っております。
                    自分の4600Cもやってみようかな。

                    クロダイロッド修理

                    2016.04.21 Thursday

                    0
                      今回のご依頼はガイド交換。



                      和竿のヘチ竿です。





                      バットガイドのリングサイズを10→12に


                      メタリックスレッドを巻いてあったので、これもあと綺麗に剥がして。



                      なるべく近い色で



                      まぁーこんな感じですね。

                      思ってたよりうまくいきました。

                      もう1本の作業に取り掛かります。

                      ロッド修理

                      2016.04.16 Saturday

                      0
                        今回はティップ折れのロッドです。

                        もう、以前の状態にはならないので相談して。

                        思い切って6ftのレングスに。

                        このロッド太いので困りました。

                        パイプ系は2.8、このサイズになるとリング径が大きくなっちゃいます。



                        トップはこんな感じ。

                        ダブルフットのガイドを1つシングルに





                        ふざけてこんな写真を送ってみると。

                        「オレンジで」とのことなので。



                        こんな感じでコーティングですね。

                        North Fork Composites 10minutes Customですね。

                        簡単なガイド交換、ガイド取り付けなどは修理が可能ですのでご相談ください。

                        申し訳ございませんが、ロッドの改造などはお断りしております。

                        お気軽にご相談ください。