スポンサーサイト

2016.10.13 Thursday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    リールメンテナンス

    2016.09.03 Saturday

    0

      本日は岐阜県よりお預かりしたリールのメンテナンス。
      スティーズとステラですね。

       

      まずはスティーズの方。触らせて頂いた感じ、ベアリングを含めた各所のオイルとグリス切れですね。
      丁寧にしっかり分解。中は比較的キレイな状態でした。

       

      症状としては主にベアリングのオイル切れ。ベアリングでも基本は消耗品。この機会に全部交換してもいいのですが、まだ使えるので再利用。次回のオーバーホールで交換するぐらいで丁度いい感じ。


      後は通常通りパーツを全部洗浄分解。パーツの干渉部分と駆動部分にBOREDのオイルとグリスで組み上げて完成。


      最初にしていた乾いた異音なども解消されました。

      もちろんクリック音の部分やハンドルノブもしっかりクリーニング。これでしばらくは快適に使って頂けそうです。

       

      続いてステラですね。

       

       

      古いリールなのでゴム系がもうダメですね。

       

       

      中はこんな感じでした。

       

       

      古いグリスをしっかり落として組み立てです。

       

       

      ドラグ、ラインローラー、ハンドルノブはオイルが切れの状態に近い感じでしたね。

       

      もう古いリールなので、できることはここまでです。

      まだ使えるので頑張ってもらいましょう。

       

       

       

      自分でできるリールメンテナンス

      2016.08.29 Monday

      0

        毎日大量のリールをお預かりして作業しています。

        特に多い症状で厄介なのが固着!

        これは海水でリールを使ってる方に多くみられます。

        もちろん淡水の方も注意が必要です。

        海水で使用後は水で洗うと思います。

        その時にオイルも剝がれているのは事実です。

         

        ではどこの固着が多いかと?

        断然ハンドルノブのベアリング!

         

         

        ベアリングを一生懸命外した後↓

         

         

         

        こうなったら、ベアリングを外すのに30分ぐらいは格闘します。

        なるべく傷をつけないように作業していますが多少傷が付きます。

        固着の為、交換ですと言えばそれで終わる作業ですが。

        なるべく外すように心がけてます。

        力技では抜けないので地味な作業です。

        ちなみにハンドルパーツは¥6000です。

         

        そして次に多い固着している個所は。

         

         

        ラインローラー部です。

        ここは自分の技術では固着パーツを取るのは不可能です。

        アーム一式交換か、そのまま使うかの2択です。

         

        圧倒的に多い、この2か所の固着。

        共通して言えることが水が入りやすい。

        ボディーの中は簡単には水が入りませんが、この2か所は水が入りやすいのです。

        オイル切れして、放置して使ってるとこうなります。

         

        でも、この2か所って簡単にメンテナンスできる箇所です。

        水が入りやすい=オイルも入れやすいです。

        分解するのが不安だったら、上からいっぱいオイル入れてあげてくださいw

        オイルが付いてないより、いっぱい付いてた方がマシです、この部分に限ってですが。

        ハンドルノブ部なんて、オイリーでも影響ないですし。

        ラインローラー部もオイリーでいいと思います。(自分は細い糸は使わないのでw)

        ライトラインを使う方はラインローラーが回らないと、ラインの撚れの原因になりますので調整してください。

         

        注意点ですが、変なオイルは使わないでください!

        何故か?

         

         

        こうなります。

         

         

        ローター部に付いているゴムのリングです。

         

         

        溶けちゃってるんです。

         

        オイルと呼ばれている物によっては、ゴム系やプラスティックを溶かしてしまう物もあります。

        注意してください。

         

        最後に営業です。

         

         

        このオイルが良いです!

         

        10minutes Online

         

        この2か所は簡単にオイルを注せますので気にしてみてください。

         

         

        最低、年に1回。

        できれば2回。

        定期的にオーバーホールしてあげた方が、なめらかな回転を維持できます。

        100年は無理かなw

         

        リールのオーバーホールのご依頼はこちらから

         

         

        Bored Golyat / ボアード ゴリアテ

        2016.08.27 Saturday

        0

          10minutesではベアリングを中心に出番の多いゴリアテ。
          クラーケンと比較して使い分けるシーンが多いですが、最近ではライトデューティや247なんかとも使い分けたり。
          仕上がりやスタイルに合わせて細かなセレクトが出来るのもBOREDのイイトコロ!
          最近は結構細かく混ぜたりして調節してます。使う側の理解度が増す程楽しくなる。そんなオイルでしょうか。

           

          10minutes Online

           

          今日も今日とてリール作業

          2016.08.24 Wednesday

          0

             

            お預かりしたリール達。軽症の子から重症の子まで。
            気を付けて欲しい部分はサビですかね。青サビさん。油分が無くなった金属パーツはすぐ腐食されちゃいます。。


            バラバラに分解して再度組み立て。やっぱり出来て一日4台ですかね。集中力が持ちません(^_^;)


            今年は残暑が厳しいみたい。リールにも優しくないので、いいタイミングでオーバーホールがオススメです♪

            使い込んであるリールの中身 -オーバーホール-

            2016.08.17 Wednesday

            0

              毎日リールのオーバーホール作業の依頼を多く頂いております。
              クドいようですが、ダメになってからじゃ手遅れになってしまう可能性が。。
              理想は数回使って預けて頂くのがベスト。どんなに少なくとも1年に一回は開けた方がいいです。まじめに。
              1年以上そのままでこんな感じ。


              更に使い込んでこんな感じ。この状態が限度でしょう。これ以上はパーツの腐食や破損に繋がるので早めの診断を!


              ちなみに。作業時間は早くて当日。パーツの取り寄せがなければ2〜3日でお返し出来ます。
              どんだけ推すんだよww って話ですが、絶対オススメなので。
              是非お試し下さい♪

               

               

              『お知らせ』

              ご要望が多いので店頭以外でのリールのオーバーホールのご依頼も始めました。

              作業内容的には、フル分解、脱脂からボアードオイルでの組み上げになります。

              お気軽に一度メールにてご連絡下さいませ。

              折り返し利用規約などのご説明後、お送り頂く流れとなります。

              詳しくはオーバーホール専用ページを御覧ください。

              リールオーバーホール

              Bored Oil & Reel Overhoul / ボアードオイル アンド リールメンテナンス

              2016.08.16 Tuesday

              0

                Bored Oil & Reel Overhoul / ボアードオイル アンド リールメンテナンス

                 

                多くのリールを開けてきましたが。

                大体のリールがオイル切れとグリスが古くなり変形してる物が多いですね。

                そのまま使い続けると、油膜切れによるパーツの劣化と腐食で使い心地の低下につながります。

                リールにとっては夏は過酷な高温シーズン。

                しっかりパーツを保護してくれる、オイルとグリスをセレクトするのがリールを長持ちさせるコツです。

                なるべく早めにボアードオイルでリールをいじってあげてください。

                おススメは新品から2〜3回でボアードオイルに変更。

                これが、いい状態でリールを長く使う秘訣です。

                オイルグリスの使い分けで、お悩みな方はお気軽に聞いてください。

                オーバーホールのご依頼も受け付けていますのでご自分で開けられない方、まずはボアードオイルを入れてみて気に入ったらってのもありです。

                2〜3年で潰すか、10年使うかの選択です。

                 

                10minutes Online

                 

                Reel Overhoul

                 

                 

                14ステラ3000HG メンテナンス

                2016.08.12 Friday

                0

                   

                  迷える2台お預かりです。

                  自分で開けて、巻き心地が重くなってしまったとのこと。

                  14ステラはコツがあるんです。

                   

                   

                  ローターナットが締めすぎでネジ山が潰れてました。

                  アルミナットなので締めすぎ注意です!

                  こちらだけ交換です。

                   

                  もう1台は無事に完了。

                  シーバスでの使用との事なのでなるべく軽めにしておきました。

                   

                  リールのお手入れしたいけど、長期入院は嫌!

                  そんな方多いのでは?

                  お預けしていただいたリールはパーツの交換が不要でしたら。

                  最速で1日でご返却できます。

                  それと

                  暑いですね真夏の高温はオイル切れでパーツを短命にする過酷な時期です。

                  ここで重要になるのがオイル、グリス。

                  油膜切れを起こしずらく、高温でも揮発せず、低温でも固くならずのボアードのオイル、グリスが絶対です。

                  大事な道具達だと思うので大事にしてあげてください。

                   

                  『お知らせ』

                  ご要望が多いので店頭以外でのリールのオーバーホールのご依頼も始めました。

                  作業内容的には、フル分解、脱脂からボアードオイルでの組み上げになります。

                  お気軽に一度メールにてご連絡下さいませ。

                  折り返し利用規約などのご説明後、お送り頂く流れとなります。

                  詳しくはオーバーホール専用ページを御覧ください。

                  リールオーバーホール

                   

                  ステラSW オーバーホール

                  2016.08.11 Thursday

                  0

                     

                    お客様よりお預かりさせて頂いたステラ2台。
                    外房をメインとしたオフショアでの使用との事でさっそく開けさせて頂きました。
                    釣行後しっかり水洗いをされているようです。


                    8000番のシャフト部分と14000番のローターナットとピニオンギアが潮で腐食していました。
                    今回はグリスとオイルでカバー。次回のオーバーホールでパーツ交換しましょう。


                    ギア部分のグリスは「10」と「LDG」を箇所ごとにミックス。対戦相手とフィールドに合わせて選ばさせて頂きました。
                    大型のアオモノは道具に掛かる不可が桁違いですからね。シッカリとメンテナンスして「いざ!!」のタイミングに備えましょう!

                     

                     

                    『お知らせ』

                    ご要望が多いので店頭以外でのリールのオーバーホールのご依頼も始めました。

                    作業内容的には、フル分解、脱脂からボアードオイルでの組み上げになります。

                    お気軽に一度メールにてご連絡下さいませ。

                    折り返し利用規約などのご説明後、お送り頂く流れとなります。

                    詳しくはオーバーホール専用ページを御覧ください。

                    リールオーバーホール

                    15アルデバラン メンテナンス

                    2016.08.08 Monday

                    0

                       

                      最新のアルデバラン

                      久々にバラしてみました。

                      いつもベイトは任せっきりなんで。

                       

                       

                      ほー

                       

                       

                       

                       

                      基本の構造や仕組みは変わらないんですが。

                      やはり新しい物は感心する点が多いですね。

                       

                       

                      パーツを全部洗浄させてもらい。

                       

                       

                      汚れてる部分は綺麗に。

                      以外に汚れてます。

                       

                       

                      ベアリングの場所によりオイルは使い分け。

                       

                       

                      感動したのはクラッチを戻すパーツ。

                      ここね、削れてクラッチが戻らなくなるリールをよく見ますけど。

                      これは頑丈そう。

                      考えてますね。

                      リールの評価って軽いとか、飛ぶとか、そんなんですが。

                      こんな細かい所まで改良をされているのを見ると感動です。

                      ここね以外に重要なポイントですからね。

                      セールスポイント的にはならないんでしょうが。

                      いろいろなリールを見てるからこそグッときますね。

                       

                      『お知らせ』

                      ご要望が多いので店頭以外でのリールのオーバーホールのご依頼も始めました。

                      作業内容的には、フル分解、脱脂からボアードオイルでの組み上げになります。

                      お気軽に一度メールにてご連絡下さいませ。

                      折り返し利用規約などのご説明後、お送り頂く流れとなります。

                      オーバーホール依頼用メールアドレス: reel-overhoul@10minutes-tokyo.com

                       

                      Normal or High?? コンクエストDC ギアチェンジ

                      2016.08.05 Friday

                      0

                         

                        以前も一回ありましたね。同じくコンクエストDCをハイギア仕様に。
                        使い方次第でハイギアのメリットって結構あります。巻き速度と言うか、ラインメンディングのリズムかな? パーツ取り寄せて作業開始!

                         

                        通常通りハンドルを外して〜みたいな流れだけど、最近多いアルマイト加工されたハンドルナット。
                        普通のレンチを使うと削れて色が剥がれてしまう恐れがあります。ここは丁寧に。専用のレンチを使用するのをオススメ!


                        リールの中は最近10minutesオーバーホールで開けたばかり。なのでキレイな状態。不用意にグリスやオイルが飛び散らないのもBOREDの良いところ。
                        一応交換するギアは脱脂します。加工の段階で油が付着してますからね。面倒臭がらずここも丁寧に。丁寧に。

                         

                        カチッと。組み付けたらグリス選び。ギアはもちろん。ベアリングや駆動部分のグリスやオイルはお客様のスタイル、フィールドに合わせて9種類から選んで組み合わせます。時には混ぜたりも。
                        今回ドライブギアに使用したグリスは「10」。BORED×10minutesの粘度が高くコシのあるグリスをチョイス。コレがね。バスのベイトだとしっとりシルキー。超気持ちいいんです♪

                         

                        ちょっと脱線。どこの部分もそうですが、注油する前は必ずクリーナーで脱脂。ティッシュや綿棒で拭いただけではダメダメ。120%BOREDの良さを活かせない。
                        いかに細かな部分も妥協せず。ストイックに作業するかで、仕上がりの質は変わってきます。度々聞かれる「コツ」はここかも?
                        なので1日4〜5台が限度。これ以上は同じ集中力で作業出来ない。少しでも手を抜くならやらない方がいいでしょ。「面倒だから」はご法度!

                         

                        話しを戻して。今回交換してお役御免のギア君。まだまだキレイな状態。なのでもちろん再利用可能です。またいつでも登板出来るように。しっかり温めておきましょう!

                         

                        『お知らせ』

                        ご要望が多いので店頭以外でのリールのオーバーホールのご依頼も始めました。

                        作業内容的には、フル分解、脱脂からボアードオイルでの組み上げになります。

                        お気軽に一度メールにてご連絡下さいませ。

                        折り返し利用規約などのご説明後、お送り頂く流れとなります。

                        オーバーホール依頼用メールアドレス: reel-overhoul@10minutes-tokyo.com