スポンサーサイト

2016.10.13 Thursday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    ブログのお引越し♪

    2016.10.13 Thursday

    0

      ブログをお引越しを考え中です。

       

      いや、もうある程度はできたので。

       

      お引越しします。

       

      http://10minutes-home.com/

       

      宜しくお願いします。

       

      「太いラインは釣れない。」は考え方次第。

      2016.10.12 Wednesday

      0

         

        ルアーネタばかりもアレなので今日はラインの考え方でも。

         


        スモラバやネコリグに代表されるライトリグをスピニングタックルに結ぶ時。大多数の人はフロロカーボンでしょう。強さは4ポンドベースでしょうか。


        ここで考えてみる。なぜ4ポンドなのか。6ポンドだと釣れないのか。それならなぜ6ポンドにしないのか。


        答えは人それぞれあるはず。ただここで陥りがちなのが「魚に見切られるから」の考え方。そりゃ細い方が見えにくいのは確かでしょう。


        ならばと3ポンドに。今や2ポンドや2.5ポンドなどいかに「細く強く!」みたいな方向に進みがち。

         

        トーナメンターさんとメーカーがその方向性を推しちゃってるのが諸悪の根源なんですけどね。この話は置いておきましょう。


        さて。ここまではスピニングタックルでの話。ではベイトならどうでしょうか?

         


        いわゆる巻き物で使うラインはナイロン。フロロ。この2つがメイン。強度は14ポンドから20ポンドぐらいがベースなはず。


        せっかく太いラインを扱えるベイトリール。それでもギリギリ細いラインを使おうとするのはスピニングの場合と同じく「魚に見切られたくない」って気持ちが強いからでしょう。


        なら太いラインだと釣れないのか?実は考え方次第で全くそんな事はないんじゃないかと思ってます。


        ルアーにもよりますが巻き物に代表されるスピナーベイトやクランクベイト。これらのルアーで「糸を細くしたからこそ見切られず釣れた一匹!」なんてのは恐らく気の持ちようでしょうね。


        「細いほうが潜る」「太いほうがルアーのキレが良い」的な意見はまた今度で(^_^;)


        25ポンドのラインでも20ポンドのラインでもバスはサイズ問わず普通に釣れてくれます。

         

        例えばクランクベイトが口に入り切らないような10cmにも満たないバスがナイロン20ポンドのタックルで釣れる事もあります。最近だとこの2匹が頑張って口を使ってくれました。

         


        早い話何が言いたいかと言うと、扱える範囲内で出来る限り糸は強い番手を選んでもいいんじゃない?って事。そもそもラインが細くないと口を使わないようなバスしかいない。なんてエリアは早々に移動しちゃいましょう♪


        なによりヤル気のある奴を強いタックルで真っ向勝負した方が楽しめるんじゃないかな。って。思ったわけです。

         


        「ゴミが多い」「フィールドのゴミ拾いをしましょう」の前に、自分達が化学繊維のゴミを水中に。ましてやバスの口に残さない取り組みをしてもいいんじゃないかな。って思えた秋の池袋でした。

         

        ああ。また長く説教臭くなってしまった。歳ですかね。。

        難しそうに見えて実際は簡単な問題なんじゃないかな

        2016.10.11 Tuesday

        0

          昨日クランクベイトで釣り上げたバス。
          エビの脚でも出てるのかな?と思ったら太軸で5/0サイズはあるオフセットフック。
          掛かってからしばらくこのままで頑張ってたのでしょう。針はサビて同化しつつありました。
          自分一人では外せなかったのでライブウェルに入れて桟橋で処置。無事に取り外してリリース出来ました。
          フックに結んであったラインは恐らくフロロカーボンの12ポンド前後。
          ルアー釣り。難しいですもんね。色々考えて細いラインを選んでしまう気持ちもわからなくはないです。
          ただでさえ針を刺して傷付けてしまっている遊び。相手は命懸けですから。人間様のエゴで楽しませてもらってる以上、もう少し考えてあげてもいいんじゃないかな。って思えた出来事でした。

          何はともあれ。そんな状態でもクランクベイトにバイトしてくれてありがとう。元気になったらまた勝負しよう!

           

          釣れるシャロークランクベイトの謎に迫る。

          2016.10.07 Friday

          0

            誰もが興味があるであろう、この話題。

            特に目で確認できない潜る系のルアーなので妄想は膨らみます。

            ウォブルアクション、ロールアクション、タイトアクション、チドリ。

            こんな言葉でよく、このルアーは釣れると表現されているかと思います。

            果たしてアクションの違いでの釣果は変わるのか?

            釣れるルアーについて迫ってみようかと思います。

             

             

            上の添付写真のルアーは大体同じレンジを泳ぐルアー達ですね。

            当店では取り扱いしてませんが。

            これに

            ピーナッツ、コンバットクランク、グリフォン、イヴォーグ。

            などなどを入れてもいいです。

             

            どのクランクが一番釣れるルアーだと思いますか?

             

            KVD? DT-4? Big-O? それとも定番のバルサB?

            やはりピーナッツ?

             

            自分なりに釣りをやってきて感じたことは、一番釣れるルアーなんてない!って事。

            水深1mレンジを狙うのであれば大差はないかと思います。

             

            チドルから沢山釣れる?

            そんな事はないかな。

             

            アクションの違いで劇的に釣果が変わる?

            そんな事ないでしょ。

             

            いや、釣果が変わるって方がいたら教えてもらいたいです。

             

            おそらく、これが絶対!って言い切れる方はいないと思います。

            言い切れる方は、お上手で釣りに週6ぐらいで行かれてる方だと思います。

            そもそも、種類が多すぎて全部のルアーを試すのは不可能かと。

            言い切るのだったら実験しないとですし。

             

            最終的に曖昧で終わる発言だと思うので、自分はそんな発言しない方がいいんじゃないかと思います。

            それに、色の事も言い出したらキリないですからね。

            ハッキリ言って、どんなルアーでも釣る!

            これがプロじゃないですか?

             

            間違いなく、釣れるルアーなんてのがあったら、廃番にもならず、何年も定番で生き残り、売れているルアーでしょう。

            少ないですね、そんなルアー。

            いいとこ消費期限1年かな?

            思い出話周期が早いですよねー。

             

            そもそも釣りって、全て曖昧なんです。

            しかし、釣り人は答えを知りたがる。

            残念ながら、全て正解だと思います。

            チドリが釣れるって言われればそれが流行り、使う人が増えて釣れる可能性が上がるだけ。

            そのルアーを結ぶ絶対数が増えるだけなんです。

            釣れるルアーはメーカー側がユーザーに仕掛けてコントロールしてるだけなのかな。

            それが釣れるルアーの謎の答えな気がしてます。

             

             

            補足

             

            もちろん写真の同じレンジを泳ぐルアー達にも違いがあります。

            重要なのはアクションより、レンジキープ、リトリーブスピード、対カバーに対して自分が使いやすいか、使いにくいかの問題。

            もちろん、タックルのバランスでも変わってきます。

            細かい事を言えば、同じルアーでもロッド、リール、ライン、フックが違えばアクションは変わります。

            自分のルアーを使い込んで、理解して、自分の中での釣れるルアーに育ててください。

             

            また、変なブログを書いてしまいましたが、これが「釣れるクランク」の真実かと思います。

            自分は、アクションやチドリについてのうんちくは言いません!

            魚が反応のいいアクションは日替わりだと思っていますから。

            こんな、意見があってもいいでしょ?

            だから、好きなルアー、カッコいいルアーを使えばいいと思います。

            そっちの方が楽しいでしょ!

            趣味だし。

             

            ギタリスト 片山 裕規

            2016.10.02 Sunday

            0

               

              突然の出逢い。

               

               

              閉店後のプライベートライブ。

              ロックなイメージが強いエレキギターですが。

              片山さんの奏でる音は。

              甘く柔らかくちょっぴりセクシー。

              ビックバドのスロー引きみたいな。

              好きなリズムと音色。

               

               

              うっとり

               

              そして演奏後は初めてバスボートを運転した時のような高揚感。

               

              ステキな時間だ。

               

              あんなリズムでルアーを躍らせてあげられたらなぁ〜。

              アオリイカ ティップランの日程が決まりました。

              2016.09.26 Monday

              0

                 

                今期のティップラン船のチャーター完了です。

                 

                4日しか取れず。

                 

                他の土日祝は満船みたい...

                 

                人気だな。

                 

                 

                ルアー水中撮影 in としまえんフィッシングエリア

                2016.09.19 Monday

                0

                  「としまえんフィッシングエリア」さんに今年もご協力頂いてルアーの水中撮影に行って来ました。
                  良い感じに撮れてると思うので少しずつアップしていきますね♪
                   

                  明日の営業時間のお知らせ。

                  2016.09.18 Sunday

                  0

                    明日の営業時間、変更のお知らせ。

                     

                    いつも皆様ご利用いただき、ありがとうございます。

                    誠に勝手ながら、明日の2016/09/19(月)のお店のオープン時間は13:00〜19:00とさせていただきます。

                    宜しくお願い致します。

                    コレが

                    2016.09.12 Monday

                    0

                      バスフィッシングだ。って釣り。


                      釣果とイコールじゃないのがルアー。だってあえて難しくしてるんだから。


                      でもそこを楽しめるからこそ辞められない。


                      それが朝からでも、昼からでも、日帰りでも、一泊二日でも。ね。

                       

                       

                      ご飯の美味しいお宿にお世話になって楽しんだ今回のバス釣り。

                       

                       


                      また。嬉しい魚に出会えた。

                       


                      喜びと興奮で写真がメチャクチャ。。

                       

                       


                      ルアー側はこっち。魚ではなくこの時ルアーを撮りたかったんだと思うぐらいの主張(笑)

                       


                      それぞれに好みがあるけど、自分は大きいルアーとトップウォーターで狙った魚は格別に気持ちがいい。

                       

                      キャストから始まり、独特の間とアクション、キャッチまで一連の流れ。イメージと現実が一致した高揚感は独特なものがある。

                       


                      あまり長い時間はいられなかったけど、とても良いフィールド。規模も丁度いい感じ。

                       

                       


                      楽しい初秋の旅行でした。

                      たまに釣れるぐらいが丁度いい

                      2016.09.09 Friday

                      0

                        台風13号が直撃した関東。そんな中、男2人。高滝湖方面へ。


                        予想していた程の雨はなく、水も増水どころか少ないぐらい。


                        お互い強いタックルを一本ずつ。目に見えるカバーをひたすら撃ちまくり。


                        意外と魚の反応も少なく、見える魚はワカサギとコイ。


                        「微妙かな〜」なんて思ってた所で流れのヨレにジャークベイトで一本。たまには釣りますよ(笑)


                        欲を言えばこのちょっと前にザラでも出たんですけどね。安定のフックアップには至らず。


                        帰りしなにもう一本釣れて久しぶりに2人とも釣れてる状態。年に1回ぐらいかな。。


                        来週末はヒロ内藤さんをお迎えしてのストアイベント。ザラで釣らないと!